ご挨拶

教授ご挨拶

五代:戸田正博

慶慶應義塾大学医学部脳神経外科では、脳・脊髄・神経の病気に悩む患者さんのため、最新の知識と高度な技術を統合して治療に当たります。

時代を先導する最先端医療に取り組みます。これまで国際レベルで頭蓋底疾患の治療を先導してきた我々の実績に基づき、すべての脳神経外科分野において、質の高い医療を提供します。 とくに難治性疾患治療のため、神経内視鏡手術、血管内手術など、有効かつ安全な低侵襲手術を積極的に行っていきます。

新たな治療法の開発研究を推進します。治療困難な病気の克服を目指して、基礎教室との強い連携に基づき、基礎から臨床への橋渡し研究を推進します。免疫治療、遺伝子治療、幹細胞治療など、最先端医療の開発と臨床応用を進めます。さらに臨床医の視点から神経科学に貢献します。

国際的な視野で活躍する人材の育成に力を注ぎます。「世界を先導する慶應義塾大学脳神経外科」を目指して、海外および国内関連施設との強い連携の中で、専門性と多様性を両立させる人材育成を行います。様々な活躍の場を提供し、多様なキャリアを支援することにより、慶應脳外科で働くことが喜びとなる魅力的な教育を行います。

患者さんの大切な未来を守るため、教室員が一丸となって全力で取り組んでまいります。
ご指導、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

慶應義塾大学医学部 脳神経外科学教室 教授
戸田正博