教室の歴史と紹介

脳神経外科の歴史と紹介

慶應義塾大学脳神経外科は、当大学が大教室制を採っていることから、外科学教室の一診療科として、歩んで参りました。2004年に新初期臨床研修制度が始まり、2014年に発足した日本専門医機構により、専門医制度が見直されるなどの情勢の変化があり、2016年4月1日、脳神経外科学教室として独立し、現在に至っております。

1944年、後に初代教授となられた工藤達之教授(1962.10-1977.3)が、京都大学荒木千里教授に脳神経外科学の指導を受けられことに始まり、頭部外傷、脳腫瘍、三叉神経痛などの手術が増えていきました。Willis動脈輪閉塞症の研究などで、高い評価を受けました。

1977-1984年の7年間、教授不在の時代がございましたが、1984年にその時代を支えた戸谷重雄先生が、2代目の教授(1984.4-1996.3)に就任されました。中興の祖として、脳腫瘍の症例数は全国のトップレベルとなった現在の慶應大学脳神経外科の礎を築かれました。慶應の看板であります、頭蓋底外科の礎が築かれたのもこの頃でした。

脳血管障害の臨床・研究、神経再生の研究も、生理学教室との連携においてこの時代にスタートしました。1996年には、第三代河瀬斌教授(1996.4-2010.3)が就任し、慶應の頭蓋底外科の地位は、世界的にも確立されるものとなりました。他学との交流も活発となり、幾多の国内学会、国際学会も主催されました。

2010年には、第四代吉田一成教授(2010.4-2020.3)が就任し、「技術の伝承と革新」、「不得意分野の克服」をモットーに、慶應の頭蓋底外科の更なる発展と地位の確立、また脳腫瘍、脳血管障害、頭部外傷、機能的疾患、先天性疾患等全ての分野において、トップレベルの脳神経外科医療の提供を確実なものといたしました。

2020年7月、第五代目戸田正博教授が就任しました。

歴代教授

初代:工藤達之

初代:工藤達之
(1962-1977)

二代:戸谷重雄

二代:戸谷重雄
(1984-1996)

三代:河瀬斌

三代:河瀬斌
(1996-2010)

四代:𠮷田一成

四代:𠮷田一成
(2010-2020)

五代:戸田正博

五代:戸田正博
(2020-)